ギフト

大切な人へ一升餅を贈る|一生モノのプレゼント作戦

ネットを活用する

早めに検討するとよい

ギフト

出産すると、親戚や両親、友達からお祝いをもらうとことが多いです。そのお返しとして出産内祝いを産後一ヶ月くらいを目処に送るのですが、お母さんが実家に帰っていることが多く、夫となかなか話し合う機会がないのが現状です。いただいたものの額の1/3から半分程度の値段を目安に出産内祝いを決めます。出産前に出産内祝いが載ったカタログやネットなどをみて、どのようなものがあるのか目を通しておくだけでもよいでしょう。名入れ女性が印象が残りますが、時間がかかるのと何個かまとめてでないと購入できないので注意が必要です。産後、お母さんは余裕がないのであらかじめ商品を頭に入れておくと、実際に検討するときにスムーズに決めることができます。

お米、タオル、お菓子詰め合わせが人気

どのような出産内祝いが人気なのでしょうか。今は産まれたときの赤ちゃんの体重で作るお米、名入れバームクーヘンやカステラ、有名店のお菓子詰め合わせが人気です。お米は体重と名前が載った紙をつけてもらえるので相手にわかりやすいです。名入れバームクーヘンやカステラは赤ちゃんの名前や写真が載っており、食べるのがもったいないくらいです。有名店のお菓子詰め合わせは友人や会社の人など複数で分けるときに便利です。佃煮などのお惣菜も美味しいのに間違いないので特に喜ばれます。他には子供がいる家庭向けに、子供が好きなキャラクターがのったタオルやお菓子、おもちゃなども喜ばれます。相手に合わせて出産内祝いを変えるとよいでしょう。